先輩からのメッセージ

東京支社 営業部 H社員

東京支社 営業部 H社員

学生の頃に区役所の窓口封筒に広告が入るようになったのを見て、役所も民間企業のように経費削減を考えるようになったのだと関心を持っていました。
区役所が広告主様募集をしているものと考えていましたが、よく見ると郵宣企画の社名が入っていて民間企業が取り扱っていることを知り驚きました。
掲載されているのは地域密着の企業様が多く、地域活性化、地域貢献につながる素晴らしい媒体であるので、ぜひ携わりたいと考えたのがきっかけです。

入社して一番良かったこと(楽しかったこと)

やはり、営業なので自分の数字を達成できた時が一番うれしいですが、それだけではありません。
広告を出したことでお仕事につながった話をお客様から頂いた時と郵便局の局長様に納入の報告をした時に「いつもありがとう。とても助かるよ。」とおっしゃっていただけたときはこの仕事をしていて良かったと感じます。

入社して一番つらかったこと

お客様と上手にコミュニケーションがとれず、行き違いが生じてお客様のご意向を汲み取れなかった時です。営業職はそういった能力も必要なので、言われたことをそのまま受け取るのではなく気働きが出来なければと感じました。

今後会社で何をしたいか(どうなりたいか)

営業職を続けていくことで仕事としてだけでなくて人間的な成長ができると実感しています。 沢山の経験を積み、自分でも学ぶ機会を設けて、より多くのお客様から信頼を得た結果が高い売上に結びつく営業担当者になりたいと考えています。

先輩からのメッセージ

ページトップヘ